筋トレのデメリットについて!筋トレはしんどい!!

1年で20kg弱のダイエットと筋力アップに成功したダイエットアドバイザーのこうへいです。

筋トレを行う上でのメリットをご紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。

僕は2年以上ジムでの筋トレを続けていますので、この記事では筋トレを行う上でのデメリットについてご紹介します。

疲労感や眠気が残る

1つ目は何といってもこれ!筋トレ後の疲労感や眠気は、正直つらいです。

 

 

ランニングやスポーツをした後の疲労感とは少し違う、「ずーーん」とした疲労感です。

眠気については、かなり眠くなる時とそこまで眠くならないときがあります。

 

 

眠りについては、まだまだ明らかにされていないことが多いですが、十分な睡眠はあらゆる体の機能に対して必要です。

 

睡眠不足は肥満の原因にもつながると言われているので、個人差もありますが6時間~7時間半は寝ましょう!

 

 

この疲労感や眠気は、十分な栄養素の補給やゴールデンタイムのたんぱく質、糖分の摂取などである程度軽減できると言われています。

・「筋トレの疲労を翌日に残さない方法5選」こちら☝

ケガをする可能性がある

筋トレをする上で適切なフォームがとても重要です。

 

ジムを見渡すと、どの種目でもフォームが杜撰な人はとても多いです。

 

 

フォームを間違えたままトレーニングすると関節や、腱を痛める原因になります。間違ったフォームで過度な重量を扱うと、痛めたときのケガも重症になります。

 

 

ケガをしてしばらくトレーニングを行えなくなるのは本末転倒です。

 

首などを痛めると仕事にも大きく影響するのでフォームをしっかり確認しましょう。

お金がかかる

家での自重トレーニングや、公園でのトレーニングなど以外はお金が結構かかります。

 

 

・ジム  ジムによっても異なりますが大体7000円~10000円ぐらいが相場です。僕は市営の体育館のため、月に1000円ぐらいです(笑)

・プロテイン 筋トレ民に欠かせないのがこのプロテイン。トレーニングをしない日も飲まなければ意味がないという説もあるため、長期的に見れば一番かかるでしょう。→僕は常時飲むのは辞めました。

・サプリ プロテインとは別にBCAAやクレアチンなどのサプリ。BCAAは筋トレのインターバルの間に飲むものですが、これらを買い揃えるとかなりの金額になります。→僕は飲みません!

 

 

ボディービルダーの角田信明さんはビタミンなどのカプセル20粒ぐらいのみを朝食としています(笑)

どう考えても不自然な食事法だと思いますが、、(笑)

 

 

なので僕は1月にかかる筋トレの費用はジム代の1000円ぐらいですね。

追い込みすぎは免疫力低下に

人間の体は厳しい自然界を生き残るために進化してきました。

そのため、脂肪もいざという時のエネルギーとして蓄えています。

 

普段から全力で力を出し切っていたら、いざという時に体がエネルギー不足の状態になりますよね。

 

しかし、筋トレでは全力でパワーを発揮することが求められます☝

 

過酷な筋力トレーニングの後は、体が回復に力を使い切るため、ウイルスなどへ対応する免疫力が残っていないのではないかと思います。

 

 

確かにね~かなり追い込んだトレーニングの後に筋肉痛や関節痛がやけに残ったり悪寒がしたりする時があります。

 

本当に、悪寒がするときは筋トレをする前に見分けられるようになりました!

 

 

そのような日は必ず休みましょう!!

 

いくら筋肥大させたくても、風邪を引いたり免疫力を下げたくないので、追い込みすぎは避けましょう!

体重が増える

最近では、多くのモデルや女性芸能人もトレーニングをしています。

やはり、スタイル維持・強化にはトレーニングは不可欠です。

 

 

筋トレをすると体重が変動するので、それを気にして筋トレをしたがらない女性は多いでしょう。

 

 

しかし、「体重という数字」に捕らわれるのは本当によくないです!

 

 

「スタイルがよければ何キロでもいいじゃん!」と思うわけです。

 

 

そして体重の変動は筋トレよりも、食べ物の影響が大きいです。

 

 

僕の好きなラーメンです!こんな背油ラーメンを食べまくれば太るのは当たり前です☝

 

体重が気になる人は、筋トレを敬遠するよりも食生活を見直ましょう!

ゲイ??と聞かれる

鍛えている男性で、ゴリマッチョの人は「ゲイ??男が好きなの?」と聞かれたことはないでしょうか。

 

 

僕もゲイと疑われたり、ゲイに好かれそうと言われます。(全く迷惑です(笑))

 

 

そっち方面の人が、ゴリゴリに鍛えられた人が好きだからでしょうか。

 

 

ちなみに僕はゴリゴリではないです。

そんな僕でも言われるわけなのでゴリゴリの人は、言われる機会が多いと思うので書かせてもらいました。

「何を目指しているの??」と聞かれる

「何か目指さないと筋トレしちゃいけないの??」と返しましょう(笑)

 

 

みんな目的や利点があって趣味をもっていると思います。

 

 

いちいち何かを目指して趣味持つ人ばかりではないですよね。

 

筋トレも同じで、「そんなに頑張って何を目指しているの??」と聞かれても困ります笑

 

「そんなにユニバ行きまくって何を目指しているの??」「そんなに飲みに行って何を目指しているの??」「甘いものいっぱい食べて何目指しているの??」「そんな釣りしてどこ目指しているの??」と聞くようなもんです笑

 

 

 

 

「なんで筋トレをしているの??」と聞いてあげましょう!

 

 

僕は別記事でも書きましたが、健康維持・増進、ダイエット、体型維持、サッカーの競技力向上のために筋トレを行っています!

筋肉依存になる

筋トレをしている人で、依存的になっている人はかなり多いはず☝

常に筋肉のことが頭にあり、筋肉が落ちることを恐れ、何よりも筋肉を優先させる。

 

 

①食事中も筋肉優先で、たんぱく質や脂質や油を極度に気にし、避ける。

②「トレーニングをしないと筋肉が落ちて今まで鍛えた筋肉が無駄になる!」と必要以上にトレーニングの日を増やす。

③たんぱく質、脂質、炭水化物の必要量を計算して摂取する。

これも、ビルダー界では当たり前ですが、多くの人は理解できないですよね(笑)

 

 

¨何事もバランスよく¨が大事であると考える僕は、この筋トレ依存は理解できません。

 

 

プロテインも中毒の1つであると思います!

 

 

最近では、プロテインも、「本当に必要だろうか??」と思い飲むのを辞めました。

 

このように、、筋トレが生活の中心になってしまうのがデメリットの1つです。

まとめ

この記事では、筋トレのデメリットを紹介しました。

何事もメリット、デメリットがありますが筋トレはメリットの方が大きいと個人的には思います!(なので続けているわけですし)

これら以外にも見つけ次第、筋トレのメリット・デメリット共に増やしていこうと思います!

(Visited 60 times, 1 visits today)

シェアお願いします!




コーチングトレーナー・こうへい

(同志社大学スポーツ健康科学部卒)

・1年で20kgの減量&筋力増強に成功!

という経験を元に、ダイエット&筋トレのコーチングをしています!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA