人が太る理由を小学生でも分かるように説明します!

1年で20kg弱のダイエットと筋力アップに成功したダイエットアドバイザーのこうへいです。

 

この記事では僕が20kg近く太った理由、またなぜ人が太るのかについてご紹介します。

僕は中学、高校、大学までサッカー部に所属し、週6回の練習に明け暮れていました!

 

 

プロチームとも試合をしたことがあるぐらいです!(自慢)

 

そんな僕が大学卒業後、現役の頃より20kg近く太ったわけです!

なぜ痩せずに太り続けるか

まず僕を含め、人の体重が増え続ける理由ですが、これは皆さんもイメージできると思いますが

 

この2つですよね☝

①必要以上に食べ過ぎている

②運動不足

 

たとえが非常に悪いですが、太平洋戦争時の日本人て皆さんガッリガリですよね。

 

本当に食べるものがなかったら、あそこまで痩せ細るわけです。

 

 

 

現代で太っている人は、要は食べすぎなんです!

 

 

味付けの濃い外食、口寂しくなれば甘~いお菓子、インスタ映えを狙いドでかいパフェにパンケーキ!

 

 

脂質がどうとか、糖質がどうとか言いますが、要は食べすぎなんですよ(笑)

 

「生活に必要なエネルギー以外を取り過ぎた結果→太る」わけです!

 

僕も増量中は爆食いに爆飲みの生活でした!

 

人生の中で1回ぐらい100kg行きたいな~と思っていたので、歯止めなんて効かず☝

20kg増量時の食事

・1次会で豚丼大と海鮮丼とおつまみ、2次会で寿司30貫、3次会で〆のラーメンとお茶漬け海鮮丼。

 

 

・18:00~23:00まで飲んで(もちろんおつまみ大量)〆にラーメンに替え玉2回。(ビール3杯、焼酎水割り3杯、ワイン3杯、ジントニック2杯、ハイボール3杯ぐらい)

 

 

・餃子11人前

・ラーメン大盛に替え玉2回

・カツカレー700g

・寿司40皿

・定食屋でご飯お替り8杯

 

 

↑この量を別記事で紹介している30回噛んでみることをイメージしてみてください☝

 

どれだけ時間がかかるか。

 

太っているときは、どれだけ飲み込んで食べているかということです!

 

 

しかし、1度大食いのレッテルを張られると、毎回周りの期待以上の食べっぷりを見せたくなるわけで!

 

「めっちゃ食うな!」と言われるのが一種の快感のような気がしますよね(笑)

 

 

僕は小学生のころから周りが引くほど食べていました。母親が学校の先生に「ちゃんと朝ご飯を食べさせてください!」と言われるほど笑※もちろん食べていました!

 

しかし太らなかったのは、サッカーや野球にめちゃくちゃ動きまくっていたからなんです。

 

 

社会人に多いと思いますが、体を動かさなくなっても胃袋は同じ大きさ、または大きくなるということで

 

 

食べる量が学生時代と変わらず太るパターン☝です。

 

胃袋も筋肥大みたいに大きくなって、不思議とどんどん食べられる量は増えていくんですよ!

 

運動不足

社会人になっても、毎朝ジョギングしているとか、夜にウォーキングしているなど。

休日はスポーツの時間が確保されている人。

 

 

このように摂取したエネルギーを消費していれば太らないはずです。

 

そう☝第2の理由は運動不足です。

 

別記事でも紹介していますが、

 

国が勧めている1日に歩くべき歩数=8000歩~12000歩☝

 

175cm70kgの僕が早歩きで歩き続けて1時間半かかり、距離にして約5キロです!

 

 

「1日に5キロ&1時間半歩いているか?」と聞かれたら微妙な人も多いのではないでしょうか。

 

 

しかも、これはあくまで健康維持の目安の歩数ですので。

 

少しの距離でタクシーに乗る、車での移動ばかり、休日は出来るだけ家でゴロゴロしたい、、

 

 

こういった運動不足が積み重なり太るわけです。

 

運動不足は、肥満だけでなく様々な病気につながります。

ストレスが原因の場合

・「ストレス発散法が食べることなのよ!」

・「おいしいものを食べている時が人生で一番幸せ!」

 

と言う人は多いですよね。食べることそのものがストレス発散の人。

 

 

こういった方は違う楽しみを見つけるべきなのと、爆食いしなくてもこれは成り立つことを覚えましょう!

 

別記事でご紹介してますが、この方法で僕は若干食べる量が減りましたし、圧倒的に太りにくくなりました。

 

 

僕も社会人のストレスのはけ口がなく、食べる量は増えていきました。

 

 

太っていることのメリットは本当に少ないどころか、「メリットはない」と言っても過言ではありません。

 

体は重いし、老けて見えるし、病気になる確率は上がるし、周りは「デブ」とか「ブタ」とか言いますし。

 

 

実際に言われなくても言わないだけで周りは思っています必ず!(笑)

 

 

僕は新卒でその貫禄から¨部長¨と呼ばれていました!

 

筋トレやウォーキングやジョギング、カラオケなどダイエットにつながる趣味はもちろん、違うストレスの発散方法を覚えましょう!

 

 

ストレス発散の方法はたくさんありますので!

マジで簡単な消費エネルギーと摂取エネルギーの話

摂取エネルギーが消費エネルギーを超えると太っていくわけです。

 

摂取エネルギー>消費エネルギー←これを続けると太ります!

 

摂取エネルギーは簡単に言うと食べたもの全てですよね!

消費エネルギーとは

・運動などを含めた1日の身体活動で消費したエネルギー

・基礎代謝とよばれる何もしなくても体が消費するエネルギー

・食事誘発性体熱産生と呼ばれる食事を取ることで消費するエネルギー

 

人間の体は本当に優秀です。

 

何もしなくても心臓などの臓器は動き続け、脳も動いているから我々は生活できているわけで。

 

個人差はもちろんありますが、

 

基礎代謝は、成人男性が約1500kcal、 成人女性が約1200kcal
と言われています!

 

そして、消費しきれなかった分の摂取エネルギーが皮下脂肪とか内臓脂肪とかに蓄えられるわけですよね☝

 

 

いざという時にこの脂肪は蓄えられている訳です。

 

 

 

 

昔の人間は飢餓にどう耐えるかが勝負なわけですから、どうにかして蓄える方に進化してきたはず☝

 

 

ですが、この過剰に蓄えられた脂肪が役立つのは食料豊富な現代では極端な例で行くと、遭難して摂取エネルギーが途絶えた時なんかぐらいですよね☝

 

この摂取エネルギーが上で書いた戦時中のように、少なければ痩せていくしかない訳です。

 

 

要はこの摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスさえうまく整えれば体重維持、減量は可能です!

まとめ

以上が僕が太った理由と、人がなぜ太るかでした。

病気などが絡んでいない場合は、ほとんどがこの摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るから太るわけです!

ここを上手く調整すれば、減量できないわけはないと思います!

なので摂取カロリーに関係ある食事がダイエットには一番重要なのです☝

(Visited 526 times, 1 visits today)

シェアお願いします!




コーチングトレーナー・こうへい

(同志社大学スポーツ健康科学部卒)

・1年で20kgの減量&筋力増強に成功!

という経験を元に、ダイエット&筋トレのコーチングをしています!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA