デッドリフトで100kg挙げる背中、体つきの見た目画像をご紹介!

この記事では、「デッドリフトで100kg挙げる背中の見た目」をご紹介します!

僕は、地面にバーベルを付けないハーフデッドリフトを普段行っていますが、床に置いて持ち上げる一般的なデッドリフトも行ってみました!

僕は筋トレ歴4年でゴールドジム通販公式サイトで購入した、筋トレグッズを使って筋トレしています!

筋トレで買い揃えるべきおすすめグッズまとめ!【筋トレ、ヨガ、プロテインやサプリも詳しく解説】

 

 

「筋トレも徐々にアップしていくので、興味あればご視聴、登録お願いします!(^^)!」

 

インスタのフォロー喜びます!!(^^)! インスタのフォロー喜びます!!(^^)!

 

 

・「デッドリフトの代わり!背中はこれだけ!ハーフデッドリフトのやり方」こちら☝

デッドリフト100kgの見た目画像

前日にデッドリフトを行ったので、新鮮な100kgの見た目画像です笑

 

⇒ブルガリアンスクワット

10kg×8 12kg×8 16kg×8

⇒ベンチプレスを行った後にデッドリフトを行いました!

30kg×8 70×8 90×3 90×2 90kg×1 70kg×10(ナロー)

 

デッドリフトのセット数は

30kg×8 60kg×8 70kg×8 90×8 100kg×6ぐらい

なので、Max重量(何とか1回持ち上げられる重量)が100kgより上と考えられます!

 

背中の見た目

上のトレーニングを行った次の日で、体脂肪率は10%~11%ぐらいです!

デッドリフトの最後のポジション☝

 

 

枕が写ってしまいました笑

 

 

横から見て、胸ほど背中の分厚さはわかりませんでした☝

 

 

大分逆三角形になってきましたが、150kgになればもっと割れてくると思うので楽しみです!

また、100kg6回出来るということで、MAX早見表によると、MAXは115kg

 

 

また、これだけのセット数をこなしたことを考えると、デッドリフトで120kgぐらいの背中になっていると思います!!(^^)!

 

体脂肪率10%~11%の体つき、腹筋の見た目画像!

まとめ

以上が、「デッドリフトで100kg挙げる背中の見た目画像」でした!

ここから、ハーフデッドリフトではなく、床引きのデッドリフトを導入していこうと思います!

全身の機能性を高めるトレーニングとして、デッドリフトは最強ですから皆さんも取り入れてみてください!

(Visited 106 times, 1 visits today)

シェアお願いします!




コーチングトレーナー・こうへい

(同志社大学スポーツ健康科学部卒)

・1年で20kgの減量&筋力増強に成功!

という経験を元に、ダイエット&筋トレのコーチングをしています!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA