太りたい(バルクアップ)、痩せたい人(減量&ダイエット)の摂取カロリーの目安!計算方法!

この記事では、「太りたい、筋肉をつけたい、痩せたい人の摂取カロリーの目安」について解説します!

ダイエットや筋トレをする中で多くの人が考えるのが、消費カロリーと摂取カロリーのバランスですよね”(-“”-)”

 

「格闘家??」とよく聞かれた88kgぐらい時代からダイエットを開始⤴⤴

 

 

僕は筋トレ歴4年でゴールドジム通販公式サイトで購入した筋トレグッズを使って筋トレしています!

筋トレで買い揃えるべきおすすめグッズまとめ!【筋トレ、ヨガ、プロテインやサプリも詳しく解説】

 

ゴールドジム公式通販サイトを見るにはこちらをクリック✊

 

 

こうへい

僕は、身長175cm 体重は68kg、体脂肪率一桁(‘ω’)ノ

 

今回のチャレンジも含めて色んなダイエットや筋トレを取り入れて、最終的にここまできています笑

 

75kgから体脂肪率一桁を目指し、3か月半で達成しているので、そちらも後で見てみてください!(^^)!

 

こんな感じ☝

 

フォロー喜びます!!(^^)! フォロー喜びます!!(^^)!

 

摂取カロリーの目安

摂取カロリーとはいうのは、あくまで目安で、大枠としては当てはまりますが、最終的には自分でカロリーを足し引きして適正なカロリーを探るしかありません!!(^^)!

 

 

①現状維持⇒摂取カロリー=消費カロリー

痩せる⇒消費カロリー>摂取カロリー

③太る⇒摂取カロリー>消費カロリー

 

 

となる必要があります!

 

 

ダイエットとなると、皆さんカロリーを計算したがりますが僕は一切計算していません笑✊

 

なぜカロリー計算しないか??

摂取カロリー、消費カロリーって、計算式は世の中に実はたくさんあるんです!

式によって、算出方法が違うので、もちろん出てくる数字も異なります☝

 

※身長や体重を記入して自動で計算出来る系のサイトは、このうちのどれかの数式を関数として当てはめただけです☝

こうへい

体重や、体脂肪率から除脂肪体重を出して、大まかな身体活動量(有名なのは、1.1とか1.75とか2.0とか)をかけたりして、式に当てはめるんですけど

 

そもそも、体脂肪率も多くの人は正確には計れませんし、日常の生活の中での消費量も皆さん結構違いますよね??

 

そして、食品1品1品のカロリーを毎日計算するのはダルすぎますし、計算するのがダルくて食品を固定するなんて絶対に不健康なのでやめてください✊

 

また、分かりやすく極端に言えば、ポテチで摂取したカロリー500kcalと、卵かけご飯+お肉で摂取した500kcalは栄養素も体にもたらす作用も全然違います☝

 

糖質で太りやすい人もいれば、脂質で太りやすい人もいるのでカロリーの数字だけ追うと、「カロリー計算しているのになかなか痩せない」という事態も起こります( ;∀;)

 

 

 

おお~~~~まかな目安にはなりますが、「おっしゃ!ダイエットの目安にしよ!」というには、不確かすぎると思ったんです(‘ω’)ノ

 

なので、88kg時代から68kgの現在まで、1回も「自分の摂取カロリー、消費カロリー、食べ物のカロリー」を計算していません!

 

外食や総菜、お菓子、ジュースの裏面に記載されている栄養成分表示は、塩分、カロリーにドン引きするためにチェックしまくっています!笑

カロリー計算式

あくまで、自分が「どれぐらいの食事量で太るか??or痩せるか??」「現状維持のカロリーは??」と探る毎日を送ることが必要です!

 

そんな中でも、大まかな計算式があるので、自分の勉強も含めてご紹介しておきます!!

 

 

今回はJISS(国立スポーツ科学センター)と、僕が大好きな筋トレやダイエットの情報誌「アイアンマン」で紹介されていた計算式です☝

created by Rinker
¥856 (2020/08/07 06:05:08時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

増量(バルクアップ&太りたい)を目指す人のカロリー目安

 

①除脂肪体重×28.5kcal×2.0(オン)、除脂肪体重×28.5kcal×1.75kcal(オフ)「JISS式」

⇒こちらの式は消費カロリーの目安なので、これを上回ることで増量が可能です!

基礎代謝は、JISS式でいくと、「28.5×除脂肪体重(体重-(体重×体脂肪率))」です☝

オンは日頃の運動強度が高い人、オフは日頃の運動強度の低い人です☝(本来はスポーツ選手のオン、オフ期間です)

 

②体重(kg)÷0.45×15~18「アイアンマン」

①「JISS式」

僕の場合で言うと、68kg、9%だとすると61.88kgが除脂肪体重になるので

 

・68kg、体脂肪率9%の場合

61.88×28.5×2.0=3527kcal(オン)

61.88×28.5×1.75=3086kcal(オフ)

 

 

体重に対する筋肉量が多いので、消費カロリーも高めに算出されていますが、同じ68kgで体脂肪率が20%の場合だとすると

・68kg、体脂肪率20%の場合

54.4×28.5×2.0=3100kcal(オン)

54.4×28.5×1.75=2713kcal(オフ)

筋肉量の大事さが分かりますし、太りにくいというのも分かりますね”(-“”-)”

また、体重を目安にした場合の数字の曖昧さも分かりますよね☝

 

 

②「アイアンマン式」

僕の場合68kgなので

68÷0.45×15~18=2266~2720kcal

 

 

 

減量(痩せたい)を目指す人のカロリー目安

①体重(kg)÷0.45×12「アイアンマン式」

②除脂肪体重×28.5kcal×2.0(オン)、除脂肪体重×28.5kcal×1.75kcal(オフ)「JISS式」

⇒消費カロリー目安なので、これを下回る摂取カロリーなら減量が可能です!

⇒ここから基礎代謝の61.88×28.5を引くので、61.88×28.5×1.0(オン)、61.88×28.5×0.75(オフ)となります☝

 

 

上の計算で少し慣れたと思うので、簡単に☝

①「アイアンマン式」

68÷0.45×12=1813kcal

 

②「JISS式」

61.88×28.5×2.0=3527kcal

61.88×28.5×1.75=3086kcal

⇒ここから基礎代謝の61.88×28.5を引くので

3527-1763=1764(オン)

3086-1763=1323(オフ)

オンとかオフとか、運動量もいまいち分からないと思いますが、ざっくりとした目安にはなりますね☝

 

 

JISSの推定式の方は除脂肪体重から計算する通り、筋肉量や、その筋肉に伴った基礎代謝、トレーニングの消費カロリーを計算に含んでいるわけです☝

 

 

 

一般の方は、体重から算出する計算式の方が、簡単に目安を設定できると思います!!(^^)!

 

ダイエットでは、体重や体脂肪率の数字より見た目の変化を楽しもう!!

 

 

外食やファーストフードはなぜ太る??理由を解説します!

まとめ

「バルクアップ&減量におけるカロリーの計算方法」についてご紹介しましたが、運動強度の計算方法も概算になります!

日常生活で、歩く距離、運動の頻度、運動の種類や強度、移動範囲など全く同じ人はいないと思いますが、ざっくりとしたカロリーの収支を知るにはこの計算式が役立ちます!

 

カロリーの計算よりも食べ物の質を見直すことも非常に大切で、カロリーは高くても栄養素が少ない食べ物は筋トレ界では「エンプティカロリー」と呼ばれています☝

 

ジャンクフードなどがいい例で、食べても体にはいいことはないので、痩せたい&健康に気を遣うならおすすめしません🙇

(Visited 38 times, 1 visits today)

シェアお願いします!




コーチングトレーナー・こうへい

(同志社大学スポーツ健康科学部卒)

・1年で20kgの減量&筋力増強に成功!

という経験を元に、ダイエット&筋トレのコーチングをしています!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA