サッカーのフィジカルを強くする方法!体を強くする筋トレ!

この記事では、「サッカーのフィジカルを強くする方法!体を強くする!」についてご紹介します!

僕は大学までサッカーをして、一応プロチームとの試合経験もあり、現在もレベルは高くありませんが社会人サッカーを楽しんでいます!

大学には、【国見のキャプテン、全国優勝のキャプテン、青森山田のキャプテン、年代別日本代表、Jユースなど強豪出身の選手】の先輩、同級生、下級生などが多かったですし、プロに行く選手も何人もいました☝(僕は超弱小校出身です笑)

 

 

僕自身現役時代はフィジカルが弱点のタッチ柔らかい系の選手だったのですが、社会人になってからダイエットをきっかけにフィジカルトレーニングに目覚めていますww(今のところ生涯何かしら体を鍛える習慣を持ちたいと考えています!(^^)!)

 

日本サッカー界は、他のスポーツ種目と比較しても「体を鍛える」という大事な部分がかなり抜けている気がします!(走力は陸上についで半端ないと思いますがww)

「格闘家??」とよく聞かれた88kgぐらい時代笑

 

 

僕は筋トレ歴4年でゴールドジム通販公式サイトで購入した筋トレグッズを使って筋トレしています!

筋トレで買い揃えるべきおすすめグッズまとめ!【筋トレ、ヨガ、プロテインやサプリも詳しく解説】

 

こうへい

僕は、身長175cm 体重は68kg、体脂肪率一桁(‘ω’)ノ

 

色んなダイエットや筋トレを取り入れて、最終的にここまできています笑

 

大阪で 人気料理教室を営んでいる母のメニューも頂いております<(_ _)>(お料理初心者の方向けで、息子ながら人気です笑)

 

サッカー興味あればyoutubeも見てください(^^)

 

僕に「サッカー全般やリフティング、サッカーフィジカル強化のレッスンを申し込みたい方」 こちら☝

こちらで単発のリクエストも受け付けています<(_ _)>(継続しての定期的なレッスンも可能です!)

サッカーのフィジカルを強くする方法

結論から言うと筋トレ=ウエイトトレーニングです!!

現役時代全くしていなかった僕が言うので少しは説得力あると思います!

 

現役時代は、懸垂0回(補助してもらっても無理w)、ベンチプレス30kg、スクワット50kgぐらいでした( ;∀;)

こうへい
自分はボールタッチで勝負の選手だから、トレーニングでバランスが悪くなるならいらない、イチローもやってないし

と思っていました!笑

ちなみにイチロー選手も筋トレをやらなかった訳ではありませんし、可動域を拡げながら行うトレーニングはしていました☝

 

 

サッカーで筋トレというと

・スピードが落ちるからいらない

・繊細なタッチなどに影響が出る

・バランスの悪い筋肉が付く

このように言われていて、

「筋トレはいらない」「自重やクイックネスを高めるトレーニングが大事」「日本人向けではない」

 

という訳分からない結論になることがサッカー界ではまだまだ多いです☝

 

サッカーの体幹トレーニング=プランクでOKみたいな風潮もありますww

僕はアイアンマンという、ゴールドジムが発行している筋トレ雑誌を直近2年分以上読んでいるのですが、トップアスリートは確実にバーベルトレーニングを取り入れています。

 

僕が見てきた記事でも

ゴルフ、アメフト、野球、格闘技、陸上10種、ラグビー、競輪、水泳、柔道、ハンドボール、

のトップ選手がBIG3【ベンチプレス、デッドリフト、スクワット】を中心に、体作りをしています!

東海大学ラグビー部の重量がえげつなかったです笑

 

海外でも最近はyoutubeなどで、セルヒオラモス、ロナウド、ベイル、エジル、皆さんが線が細いと思いがちなネイマールでさえトレーニングしていますよね☝

 

 

日本のサッカー界は、「パスサッカーを理想」としていて、「体を鍛える」という根本的なところが盲点になっていると思うわけです!

サッカーはもっと、激しくボールを奪い合うラグビーに戻りつつある傾向を感じます!

 

こうへい
もちろん「体がデカい=サッカーがうまい」では絶対にありません!

サッカーがうまくなる要素の1つが筋肉やフィジカルの強さであるというのがお伝えしたいことです!

 

 

 

もちろんバランス悪く鍛えると、動作が鈍くなったりももちろん可能性としてはありますが、正しいフォームで筋肉を鍛えると(遅筋も速筋もバランスよく)確実にパフォーマンスは向上します!

 

 

姿勢の改善やストレッチ効果もあります⤴⤴キレイなフォームでないと、重量を上げ下げすることは出来ないからです<(_ _)>

 

 

筋トレ=バランスが悪くなる=やらない

みたいな短絡的な答えを出しがちなんですが、アスリートは常に「これでいいのか??もっといい練習法は??」と探し続けるのが仕事なのでサッカーにおいても、ボールタッチ練習、シュート練習、アジリティ練習と同じように

 

筋トレのトレーニングメニューや、トレーニング方法、自分の感覚(筋トレによってパフォーマンスがどう変わっているか??)を感じながら微調整していってパフォーマンスを高める姿勢が必要な訳で、

筋トレ=バランスが悪くなる=やらない

これは、あまりにも早計な結論です!【現役時代の僕に言ってやりたい笑】

 

 

 

ボールタッチ練習や、ランニングメニュー、アジリティメニュー、シュート練習、どんなメニューでもどんどんうまくなる選手とそんなに上達しない選手がいますよね?

こうへい
筋トレも全く同じで、トレーニングをパフォーマンスで活かせる人も活かせない人も出てくるのは当然です!

結局は何をするにしても大事なのはセンスですから☝

 

 

だから投げ出すのではなくて、トレーニングで体作りをしながらクイックネスを高めるラダートレーニング、走り込み(長距離も短距離も)を同時に行うことが重要なんです!

 

 

自分が筋トレをやっていく中で

トレーニングをどのように練習や試合に活かせているか??

ベンチプレスだけして胸だけ発達し、バランスが悪くなっているのか??

体重はどのように変わっているか??

足りない部分はどこか??

自分に合っているのはこのメニュー、内容なのか??

 

こういったことを常に感じながらやらないともちろんパフォーマンスアップにはつながってきません!

重量をたくさん挙げればいいという訳でもないことが分かると思います!

 

 

筋トレも活かせる選手と活かせない選手が出てくるのは当然で、「どうすれば今よりパフォーマンスが上がるか??」プロアスリートは引退まで常にこの繰り返しですよね(‘ω’)ノ

こうへい
野球選手も毎年キャンプになると、変わった練習を取り入れたりしますし、山田哲人選手と同じ練習をすれば、トリプルスリー取れる訳ではないですよね!

 

色んなことを取り入れながら、パフォーマンスアップを目指していくことが必要でそれが

・ストレッチなのか

・筋トレなのか

・ボールを使った反復練習なのか

・体の勉強をする座学なのか

・はたまた全部やる必要があるのか

こういった常に上を目指す中で、練習メニューを取捨選択していくことが大切で、筋トレをはなから”いらないもの”としてしまうのは非常に勿体ないので注意してください!

 

僕のサッカーの体を強くするおすすめのメニューはこちらの記事でご紹介しています⤴⤴

サッカーに必要な上半身、下半身の筋肉、ディフェンダー、フォワード、ボランチ!

(Visited 12 times, 1 visits today)

シェアお願いします!




コーチングトレーナー・こうへい

(同志社大学スポーツ健康科学部卒)

・1年で20kgの減量&筋力増強に成功!

という経験を元に、ダイエット&筋トレのコーチングをしています!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA