ダンベルカール、アームカールの重量が13kg、14kg、15kg~16kg辺りの腕の見た目画像をご紹介します!

この記事では、「ダンベルカールの重量が13kg~16kgぐらい挙げられるようになった腕の見た目画像」をご紹介します!

このように重量を曖昧に表記しているのは、ダンベルによって重量の感じ方が少し違うからです☝

IVANKOのダンベルのように回転式のグリップは挙げやすく16kgで出来ますが、パワーブロックや普通のダンベルのようにグリップが動かないタイプのダンベルだと重く感じたりもします!

調子や種目を行う順番によっては14kgになったりもするので、この表記にしました(^^)

※この記事では腕の見た目画像のみご紹介しています!

 

16kgの見た目画像

僕は「ある重量を1回挙げられたら、その重量を挙げられる筋力が付いた!」とは思っていません!

最低でも8回を1セットぐらいは挙げないと、個人的にその重量を挙げられる筋力になったと満足しません<m(__)m>

(8回3セットを挙げられるようになったら完全に満足です☝)

 

 

IVANKOでもパワーブロックでも16kg×8回は挙げられますし、13~14kg×8回×3セットも出来るようになったので画像をご紹介します!

 

バーベルカールのフォームバージョン☝

持っているのはツッパリです笑

体脂肪率15%、体重74kgぐらい☝

 

 

ダンベルカールバージョン

 

気張っていますね~笑

 

パワーブロックの16kgを持っています☝

 

ゴールドジム通販公式サイトで見る✊

 

 

腕は結構最近鍛え始めたので、もう少し重量アップしたいと思いますし、出来ると思っています⤴⤴

体脂肪一桁を達成してからは、腕も細くなり16kgでのダンベルカールはできなくなっています( *´艸`)

 

こんな感じの体☝

 

アームカール、バーベルカールで20kg~25kgを挙げる腕の見た目画像!

体脂肪率12%~13%の体つき、腹筋の見た目画像をご紹介します!

 

まとめ

以上がダンベルカールの重量が16kgになった見た目画像でした!

また20kgぐらいになったら見た目をアップしたいと思います!

(Visited 889 times, 1 visits today)

シェアお願いします!




コーチングトレーナー・こうへい

(同志社大学スポーツ健康科学部卒)

・1年で20kgの減量&筋力増強に成功!

という経験を元に、ダイエット&筋トレのコーチングをしています!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA