体脂肪を落とすおすすめの有酸素運動はダッシュ、短距離走!!

この記事では、「体脂肪を落とすおすすめの有酸素運動であるダッシュ」についてご紹介します!

「体脂肪を落としたい!」「昔の体型に戻したい!」とジムで、エアロバイクやランニングマシンを行う人は非常に多いですよね☝

「40分ぐらいやったし、これで痩せるでしょ!!」・・・・・

 

実は、狙いである体脂肪を落とすまでには至っていないケースが多いです泣

体脂肪率10%~11%の時の体☝

 

体脂肪率一桁の体つき、腹筋、顔の見た目画像をご紹介します!(体脂肪率9%)

目的をはっきりさせましょう!

ジムでランニングやバイクの運動している人って、脂肪を燃やすのが目的の人が圧倒的に多いはずです!!

ガチで狙っていなくても「痩せるかも??少しは痩せたい!」という気持ち、、あると思います!!(^^)!

 

 

もちろん、健康維持や「気持ちいいから」という理由の人もいると思いますが、脂肪を燃やしたいなら運動の種類を見直しましょう!!

 

こうへい

右にいる人、左にいる人、皆がなんとなくやっているから自分もなんとなくバイク漕ぐ

は卒業しましょう!!

 

 

バイクやランニングマシンで、20分~1時間行って、汗も出たし、そこそこ息も乱れたし、体脂肪を撃退したはず!!

 

と思っても、結果がなかなか出てこない⤵⤵

僕もそうでした笑

 

ランニングやエアロバイクで燃焼できるエネルギーは、ほとんどが血液中に放出されている脂肪分や糖分(炭水化物)で、大事な大事な皮下脂肪や内臓脂肪は燃やせていないケースがほとんど☝

 

 

1時間以内ぐらいの運動であれば、その日に摂取したエネルギーを消費しただけで、バイクを涼しそうに漕いでいる人は、脂肪燃焼の観点からいうと、目的は達成できていない人が多いでしょう☝

 

 

 

さらに、筋肉量が少なく食事も制限している人がこのような有酸素運動を行った場合、エネルギーを筋肉から作り出そうとして、筋肉自体を分解してエネルギーを産生するんです!

 

 

⇒体重が落ちたのは、筋肉の減少率も大きく、リバウンドの可能性大( ;∀;)

⇒筋肉を残したい人が、この方法を取り入れ続けると、マラソンランナーのような長距離向けの体になるわけです泣

 

 

体はいざというときのために皮下脂肪や内臓脂肪を蓄えていますから、そう簡単には消費させてくれません泣

 

 

そんな大事な脂肪を燃焼するには別記事でご紹介した「HIIT」が超有効なんです!(^^)!

 

※HIITを知らない方は☝を先にチェックしてみてください!

体脂肪を落とすダッシュ

HIITの代表的な種目の1つがダッシュを用いたトレーニングです。

超簡単ですよね(‘ω’)ノ

 

ダッシュ=本気で走るだけ

 

 

効果が半信半疑な上で、45分も1時間もエアロバイク漕ぐのってなかなかしんどいですから、だらだらと成果の上がらない有酸素運動を繰り返すよりも、体脂肪燃焼が効果的に行える方法を試すべきです<(_ _)>

 

 

174cm68kgの筋肉質の僕が、1時間半のウォーキングをして350kcalぐらい(卵かけご飯1杯分ぐらい)ですからあんな涼しそうにバイク漕いで脂肪燃焼なんて無理だったんです泣

 

こうへい
その点、HIITは運動強度が高い分、もちろんしんどいですが、短時間で脂肪燃焼効果を見た目、体組計などの数字、実感、多方面で感じられます!

 

 

「PLOS ONE」という雑誌に掲載された記事によると

1日20秒×3回のダッシュ(間に休憩を挟んで長くても合計10分以内ぐらい)を週3回行う

 

=45分のランニングマシンでの有酸素運動に匹敵☝

 

さらに

①インスリンの感受性向上

⇒筋肉合成率アップ、脂肪燃焼アップ

②循環器系の健康状態アップ

⇒心臓も筋肉ですから、ある程度使わないと衰えるばかりです( ;∀;)

③細胞内のミトコンドリア増加

⇒脂肪燃焼器官であるミトコンドリアが増加

④体脂肪減量

⇒HIITは、体脂肪減量に超効果的☝

 

「ただ走る」=「走った分のカロリー消費」だけではなく、このようなプラスαの効果があるんです!←これは筋トレも同じ☝

 

 

・体を動かせば⇒燃焼モードの体に

・体を動かさなければ⇒脂肪をため込む体に

当たり前ですよね<(_ _)>

 

20秒×3本なので、ダッシュをする時間はたった1分!もちろん休憩が少なくていい人なら1日5分ぐらいで終わります!

 

 

ぜぇぜぇ、ハァハァいうのは恥ずかしいかもしれませんが、体脂肪を燃焼という目的を達成するために有効なのはHIITだと体験した僕自身も実感しています!

 

 

「ダッシュなんてしたら痩せるに決まってるやん~~!!」って??

ならやりましょう!!笑(即答)

 

ダッシュが体脂肪燃焼に有効な理由

HIITもダッシュも、高強度の運動⇒低強度の運動⇒高強度の運動を繰り返すことで効果的に脂肪燃焼します☝

 

体内の脂肪を燃焼するスイッチをオンの状態にするのは筋トレであったり運動ですが、体内の脂肪を最終的に燃やすのは酸素です!

 

 

 

20秒のダッシュというのは、早く終わる分、なかなかきつい運動で息も上がります!(この息切れが脂肪燃焼には重要なわけ(‘ω’)ノ)

 

ダッシュ⇒休憩の歩きorランニング⇒ダッシュ

を繰り返すことでHIITの原理通り、「高強度のダッシュでブドウ糖の枯渇を促す⇒休憩の歩きで心拍数を65%まで下げ、効果的に脂肪燃焼」が促進できます。

 

 

確かに、ダッシュしたあとって息の上がり半端ないじゃないですか??

脂肪を燃やすのはあくまでも酸素なので、ダッシュをする際に大量の酸素を吸いこんで、脂肪燃焼が行われる訳です☝

 

 

 

高強度運動であるダッシュ×休んでいる間は歩きかジョギング

これがHIITのような効果になるわけです☝

 

 

ダッシュも、スクワットなどの筋トレで体内のブドウ糖を枯渇させてから行う方がさらに効果的です!

 

 

僕みたいなのが筋トレというとゴリゴリのやつを想像すると思いますが、スクワット10回やるだけでも、やらないよりはずっと効率が上がるということです☝

 

こうへい
筋トレの後のHIITは、その名の通り、息切れも半端なく体が燃えるようで、汗も出まくり、運動中に脂肪燃焼を超、超、超実感しますよ!(もちろんめちゃしんどいですが汗)

 

 

汗はぶわっと出る、体は熱い、息切れはする、体は追い込まれる

ダッシュは、場所を選ばないと恥ずかしいので都会の街中ではちょっと行えないかもしれませんが、僕は誰に見られても出来るタイプです笑

 

 

 

体脂肪を落とすという目標だけ見定めて、周りの目は気にせず街中でもダッシュして短時間で脂肪燃焼を成功させましょう笑⤴

体脂肪率一桁まで落とす方法【まとめ】

 

体脂肪を落とすおすすめの有酸素運動、HIITのやり方をご紹介!

 

筋トレの疲労感、筋肉痛、倦怠感を取りたい人に試して欲しいこと5選!

まとめ

以上が「体脂肪を燃やすおすすめの有酸素運動であるダッシュ」についてでした!

みんなやっているからと、だらだらバイクを漕ぐのではなく効果的に脂肪を燃やしましょう⤴⤴

その場はしんどくても効果的に脂肪は燃焼され、引き締まった体が手に入りますよ!!

(Visited 133 times, 1 visits today)

シェアお願いします!




コーチングトレーナー・こうへい

(同志社大学スポーツ健康科学部卒)

・1年で20kgの減量&筋力増強に成功!

という経験を元に、ダイエット&筋トレのコーチングをしています!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA