デッドリフト100kgの体つき!背中の見た目画像!

この記事では、「デッドリフト100kgの体つき」についてご紹介します!
僕は
「格闘家??」とよく聞かれた88kgぐらい時代からダイエットを開始⤴⤴

 

 

僕はダイエットがきっかけで筋トレをはじめて4年目でゴールドジム通販公式サイトで購入した筋トレグッズを使って筋トレしています!

筋トレで買い揃えるべきおすすめグッズまとめ!【筋トレ、ヨガ、プロテインやサプリも詳しく解説】

 

こうへい

現在は、身長175cm、68kg、体脂肪率一桁です(‘ω’)ノ)

ダイエットで20kg弱痩せているのですが様々な勉強をしていくうちに、外食やお菓子、ジュースなどの怖さを実感してダイエットが加速しています⤴⤴

 

また、現在もダイエットや筋トレは継続中で、大阪で 人気料理教室を営んでいる母のメニューも頂いております<(_ _)>(お料理初心者の方向けで、息子ながら人気です笑)

 

フォロー喜びます!!(^^)! フォロー喜びます!!(^^)!

 

デッドリフト100kgの体つき

デッドリフトは全身を鍛えられる超優秀なトレーニングですが、

・腰を痛める人が多い(ケガのイメージが強い)

・フォームの習得が難しい

ことから、メニューに含まない人も多い種目ですが、スポーツの体幹強化や殿筋やハムストリングスが鍛えられることでトップスピードの強化にも非常におすすめです!

 

筋肥大、筋力アップには1kgでも重くというのは分かりますが、負荷が一部分に集中しないようにきれいなフォームで挑みましょう⤴⤴

 

 

鍛えられる部位は

背中(広背筋、菱形筋、脊柱起立筋、僧帽筋)

お尻(大殿筋、中殿筋、ハムストリングス)

 

お分かり頂ける通り、体の背面を余すことなく鍛えられ、フォーム維持のためには腹圧をかける(腹筋に力を入れる)ことも必要なのでBIG3では腹筋も鍛えられます!

デッドリフト100kgの体つき

40kgからフォーム重視で、重量を増やし100kgを挙げられるようになりました!(かなり短期間で、完全床引きで☝)

 

元々もっと高重量がいける体かもしれませんが、僕は重量より自分の軸やサッカーでのパフォーマンスに活きているかを大事にしたいのでデッドリフトに限らず、最近は重量アップはゆっくりにしています☝

 

使っているのはゴールドジムのトレーニンググリップで、ベルトは最近はしていません!

ゴールドジム通販公式サイトで見る✊

 

 

重量と回数は

50kg×5、80kg×5、100kg×3、100kg×2、80kg×7

が出来た次の日の体です⤴⤴

 

ご飯後1時間で体脂肪率は11.1%でした!

 

 

 

その翌日の朝で、いつも通り、パンプさせるための筋トレは一切していません!!(^^)!

 

前十字靭帯断裂で衰えた脚をもっと強くしたいので、デッドリフトは引き続きマックス伸ばしていきます⤴⤴

 

この4日後が(前日に少し走り込み)

50kg×5回、80kg×5回、100kg×3回、100kg×3回、105kg×1回

が可能でした!

 

120kg、150kgぐらいになったらまた見た目画像も更新します⤴⤴

 

 

ここからよく戻ってきた~(*´ω`)(*´ω`)

 

(Visited 39 times, 1 visits today)

シェアお願いします!




コーチングトレーナー・こうへい

(同志社大学スポーツ健康科学部卒)

・1年で20kgの減量&筋力増強に成功!

という経験を元に、ダイエット&筋トレのコーチングをしています!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA